結婚を決めてまず必要なのは?

まず最初にすることは指輪を買うこと

付き合ってる相手がいて、結婚することを決めている場合、タイミングよく婚約をする必要がありますね。これがなかなか勇気のいることですが、よく考えてみればあなたの両親も同じことをしたわけです。また、近所に住んでいるおじさんおばさんたちも皆同じように婚約をしたと思えば自分でもできるという感覚になるのではないでしょうか。婚約といっても正確な定義はありません。その方法は様々ですが、その1つが婚約指輪を買って相手に渡すことですね。 婚約指輪の値段については、世間では最低給料の3ヶ月分のものを買ったほうがいいなどと言う話をきいたことがある人もいるかもしれませんね。ですが、その考え方はバブルの時の考えかただったりするわけですね。どのくらいのお金をかけるかはこちらの収入と相手しだいですが、わざわざ無理をして身の丈にあわない高いものを購入して結婚後の生活資金を減らす必要はなく、結婚後にはもっとお金がかかるということも考えておきましょう。

プロポーズのタイミング

婚約指輪を渡す時とはプロポーズをするタイミングでもあります。プロポーズは言うまでもなくタイミングがとても重要で、相手が十中八九オーケーの返事をしてくれると確信をしたときにするべきですね。時期尚早だと断られる可能性があるからですね。断られた後に再びプロポーズをするのはなかなか勇気のいることだと思いますよ。かといって、あまりにもタイミングが遅いと、なんで今頃そういうこと言うの?と残念な返事をもらうこともあるわけです。 プロポーズをするタイミングは、具体的に結婚生活の話が出た場合です。例えば、結婚後の住まいはマンションにするのかアパートにするのかということや、住むとしたらどのあたりに住居を構えるかということです。また、結婚した後に生活をする上で何が必要かと言うことがお互いの口から出ればそれはまさにプロポーズのタイミングです。婚約指輪を購入することとプロポーズは一生に1回ですので、場所も日時もベストな場所、そしてベストなタイミングで決めるのが良いでしょう。