婚約指輪、渡した後も思い出作り。

皆さんにお披露目をしよう

プロポーズと一緒に婚約指輪をもらった、もしくはプロポーズ後に彼氏と一緒に婚約指輪を購入したという女性の皆さん、そのあと婚約指輪を丁寧に収納したままではないでしょうか。そんな状況ではせっかくもらった指輪が宝の持ち腐れになってしまいます。そんなことが無いようにするにはどのようにするが一番良いのでしょうか。 一番良いのはお披露目の機会を作るということです。一昔前なら結納がありましたが、最近では結納をするのは少数派でその代わりとして婚約食事会をするようになりました。結納でも婚約食事会でもどちらでもいいですから行うようにしましょう。そして両家のご家族皆さんに男性から送ってもらった婚約指輪を見てもらいましょう。そうすることで皆さんが幸せになれるようになります。また男性側のご家族は誇らしい気持ちに、女性側のご家族はありがたいという気持ちになり、両家の親交が深まる可能性も考えられます。両家の関係を深めるチャンスのために使ってみるのも良いでしょう。

親族のところへ行くときに着けてみよう

婚約指輪は大きなダイヤモンドが付いているだけで着けるのが怖いと感じる人がいるかもしれません。職場や買い物に着けていくことが嫌だと感じるかもしれませんが、結婚の準備を始めるにあたって親族に挨拶に行く機会が必ずあるのではないでしょうか。そんな時は親族へのお披露目もかねて婚約者の写真と一緒に指輪を着けていきましょう。そうすることで、この人に送ってもらったのだということが出来ますし婚約者の株も上がっていきます。 親族は基本的に結婚式まで、もしくは紹介してもらえるまで婚約者の顔は知りませんので、婚約者を知ってもらう機会に良い男だというアピールも一緒にしておきましょう。そうすることで後々皆さんに婚約者を紹介しやすくなりますし、皆さんが婚約者に良い印象を抱くようになるかもしれません。男性の評価を上げるのは女性次第ですので、少しでも婚約者に対して良い印象を持ってもらえるように行動に移してみるといいのではないでしょうか。